防犯とは

防犯上役立つホームセキュリティー

警備会社が守ってくれるホームセキュリティーを導入していれば、いざという時にホームセキュリティーのスタッフが駆けつけてくれます。ホームセキュリティーは常駐のスタッフではなく警備システムを利用しており、機械に反応があると、その警報があった場所の一番近くにいる巡回スタッフに連絡が入り、そのホームセキュリティースタッフが現場に急行します。それだけでも非常に頼りになるのですが、実はホームセキュリティーの強みは犯罪後の対応だけではありません。犯罪の抑止にも繋がるのです。

犯人の嫌がること

犯人が嫌がることは家に絶対に入れないことだけではありません。常に時間を気にしています。防犯ガラスや防犯用のものが家には多々ありますが、それらで侵入者を防ぐことはできません。防犯ガラスも割れにくいだけで、割れないガラスではないのです。ただし入ることは嫌がります。それは時間がかかるからです。防犯ガラスは割れにくいので割る時間を取られたくない侵入者は諦める傾向にあるのです。それはホームセキュリティーにも同じことが言えます。ホームセキュリティーが導入されている家では警報やセンサーがあります。それを掻い潜ることは不可能ではないと思いますが、それでホームセキュリティースタッフが来るという時間の制約に縛られたくないのです。そのためにホームセキュリティーを導入しているというステッカーのある家は犯罪者から敬遠されるようです。

防犯とは

防犯とは絶対に家の中に侵入者を入れないことではありません。犯人に諦めてもらうことなのです。ホームセキュリティーではそれを行うことができるでしょう。いざという時に頼りになるのがホームセキュリティーです。