各種センサーが生活を守る

一般的な警備というと、警備員が目を光らせているのですが、ホームセキュリティの場合は、各種のセンサーが警備員の代わりを果たします。
まず、家の外から見ていくと、まず窓ガラスなどに設置された衝撃感知センサーと、窓の開閉を感知するマグネットセンサーがあります。
衝撃感知センサーは、ガラスが破壊されたことを検知して、警報を鳴らして警告するとともに、コントローラーにその情報を送信、住人の方に連絡を入れたり、巡回警備員の急行要請を行います。マグネットセンサーは、通常その時間に窓の開閉を行わないにもかかわらず、窓が開けられた場合に反応して、侵入者の存在を知らせます。

続いて、室内各所に設置されたパッシブセンサー。これは人間の出す遠赤外線を感知するものです。これと似ているのが赤外線センサーと言われるもので、こちらはアクティブセンサーと呼ばれることが多いようです。アクティブセンサーは、赤外線を出していて、それらが遮られたりした時に侵入者を検知したと判断するセンサーです。

警報ベルとライトも、ホームセキュリティの中に含まれます。音が鳴ることで異常を知らせますから、人が寄ってきてしまいます。空き巣は自分の姿を見られることを嫌いますから、物を取らずに逃走する可能性が高いと言われています。ライトも同様で、明るく照らされた場所では自分の姿が見えやすいので、犯行を断念することがあるようです。

各種のセンサーが有機的に連動して、侵入者防止を行なうホームセキュリティ。自宅の防犯能力を高めるために、導入をご検討されてはいかがでしょうか。