防犯だけではないホームセキュリティー

後を絶たない空き巣被害
空き巣の被害が後を絶ちません。空き巣の家への侵入方法の6割が「窓」、2割が「玄関」からの侵入だそうです。そのため窓で言えば、ガラスを割れにくい防犯ガラス仕様にしたり、クレセント錠だけでなく補助鍵を付けている人もいるでしょう。玄関で言えば、もう一つ鍵を増やしてダブルロックとしたり、ピッキングし難いティンブルキーに替えている人もいます。しかしそれでも空き巣が減らないのは、上記のどの方法も「侵入不可」ではないからです。空き巣は「発見」と「時間」を嫌うと言いますが、誰にも見つからず時間をかけさえすれば、窓ガラスを割ったり、玄関の鍵を開けることは出来てしまうのです。

「発見」し「時間」を奪う
ではどうしたら空き巣を確実に減らすことが出来るでしょうか。それはやはり空き巣が嫌う「発見」と「時間」を上手く利用することです。それに最も有効なのが『ホームセキュリティー』です。周囲から見にくい場所や侵入されやすい場所に監視カメラを設けることで、不審者をいち早く発見することが出来ます。自分や周りの人が気付かなくとも、カメラがしっかりと異常を察知して知らせてくれます。また、同様にセンサーやそれに連動した照明やパトライトを設置することで、周囲の注目を集め、不審者が滞在する時間を奪うことが可能になります。これにより、空き巣に必要な条件を奪い、侵入を減らす
ことが出来るのです。

防犯だけでないホームセキュリティー
ホームセキュリティーのメリットは「防犯」だけではありません。身体が不自由だったり、一人暮らしの高齢者の「非常」を発見・通報したり、留守中の「火災」も通報してくれるのも、ホームセキュリティーのサービスの一つです。財産の安全のために、生命の安全のために、ホームセキュリティーを検討してみてはどうでしょうか。