侵入者に効果的なホームセキュリティ

警報などに敏感です

日本では年々空き巣の認知件数が増え続けています。地域コミュニティの希薄化がそれに拍車をかけているとも言われており、周囲の家で何かあっても、特に感知しないという方々も多く、それが空き巣犯に漬け込まれる隙を生み出していると言われています。
空き巣犯は自分の犯行を見られることを嫌うので、住宅街の奥まった場所や、周りに人があまり住んでいない住宅が狙われます。

もし、自分の家がそういう立地だったら、狙い撃ちされると見てもいいでしょう。

自分の家を守るホームセキュリティ

先ほど空き巣犯は自分の犯行を見られることを嫌うと書きましたが、実際に空き巣犯が反抗を避ける際は、それらの危険性があるときです。
例えば、どこからか話し声がしたとか、監視カメラが設置されているなどという住宅では犯行を避ける傾向があります。
また、侵入に手間取る住宅も反抗を避けるといい、ドアの鍵が複数設置されている住宅は空き巣犯の侵入率が低いです。

それ以外にも、ホームセキュリティを導入している住宅では犯行を控える傾向もあるようです。
ホームセキュリティを導入しておくと、窓を割ったりドアをピッキングして解錠したりすると、警報装置が作動してアラームがなったり、カメラが作動したり、場合によってはパトロール中のスタッフが駆けつけるという事もあり、窃盗などの現行犯ということもありえます。

ホームセキュリティを導入するだけで、空き巣への対抗策となるのでぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。