ホームセキュリティー基本情報

ホームセキュリティとは

ホームセキュリティとは玄関や窓といった空き巣や不審者が侵入してきそうな場所にカメラやセンサーを取り付ける事で家の防犯性能を高める役割果たしてくれる設備の事を言います。ホームセキュリティを導入することで、侵入者を感知したときには、警告音を鳴らす。警備員に連絡を入れるといった方法で侵入者を撃退してくれます。また、ホームセキュリティを導入していますよとアピールしておくことで、侵入を抑止する効果も期待することが出来ます。最近ではホームセキュリティを導入している家庭も珍しくはなく、注目を集めている防犯設備の1つです。

ホームセキュリティのタイプ

ホームセキュリティには大きく分けて2つのタイプが存在します。侵入者を感知した時に、警報を鳴らして、威嚇をするタイプのホームセキュリティの事をローカルセキュリティと呼び、自主的に警備をするという意味を持っています。これとは別に、侵入者を感知した時に警備員に連絡が入るタイプのホームセキュリティをネットワークセキュリティと呼び、機械警備という意味を持ちます。また、ネットワークセキュリティには駆けつけた警備員により、侵入者に対して「出て行け!」と威嚇をしてもらうことが出来ます。

自宅の防犯性能を高めるのは大切なことです

我が家に限って何か起こることはないという考えは非常に危険です。空き巣等の侵入者は防犯対策をしていう家は避ける傾向にあるので、防犯対策が不十分な家を見つけて侵入しているのです。逆に言うと防犯性能を高めておけば、侵入を試みる前に諦めてくれる可能性が高いということになります。ホームセキュリティは家の防犯性能を高めるのに最適な設備と入れるので、導入を考えるのも1つの手だと思います。