ホームセキュリティの安心感

最近の社会では物騒な事件が多く発生しています。たとえ怨恨やトラブルなどに無縁であっても、何の関係もないところから飛び火してきたトラブルに巻き込まれるという事件も少なくありません。そしてそのような犯罪は個人で防ごう、予防しようと思っても防ぎようがないことが多いのが現状です。防犯ベルや催涙スプレーなどの護身用に販売されているものは、万全ではありませんし、また住宅内で常に持ち歩いているわけにもいきません。また、ベルを鳴らしただけで必ず助けが来てくれるとも限らないのです。
そのような点から言うとホームセキュリティーはセキュリティーのプロが24時間自宅を警護してくれるという意味で安心感が違います。
警報などにより警備会社に連絡が行った場合、必ず救援が来てくれるのです。

警報などが鳴りホームセキュリティ会社に何らかの異常があったという情報が伝わった場合、ホームセキュリティの警備員はどれくらいの時間で現地に来てくれるのでしょうか。おおよそですが、25分以内に到着するケースが多いと思います。それは警備会社が異常信号を受信してから25分以内に警備員が到着できるよう警備の車や人を配置しなければというルールがあるからです。これは努力義務によるものですが、心強い味方といえそうです。

ホームセキュリティを依頼する時の注意点としては、持ち家などは別ですが賃貸の場合には勝手に工事などをしてしまうと後々管理会社や大家さんとトラブルになる可能性があるので注意が必要です。